文章の書き方 集客の考え方

私が集客システムを作った理由

昨日も「塾を閉めます」という話を書いたら何名かの方から反響がありました。

他の塾でもあるんですね。

実際に知っている塾の先生が塾を閉めるとなると何ともいえない気持ちになります。

仲間が去っていくような気持ちです。

というのもスタートしたときの私が同じ状態だったからです。

不安、ふあん。フアン・

私がリアルでやっていた塾の最初の3年は不安で不安で仕方がありませんでした。

何が一番不安だったとこと言うと「生徒が集まらないこと」です。「生徒が集まらない」=「お金の不安」です。

たとえば、今はお金がなくても1か月後にお金が入ってくることがわかっていれば、がんばることができます。

でも、その先が見えない不安は塾を経営したことがある人であればわかると思います。

お正月になって実家に帰ったときに「今年はがんばる」と言い続けていました。

ですが、毎回「がんばる」と言い続けていても

「どうやって、何をがんばればいいのかわからなかったら、がんばれなかった」

のです。私が頑張ることは嫌ではなかったのですが、欲しかったのは「これをがんばれば生徒が確実に入ってくる」という方法です

実際に毎月5万を払っているコンサルタントの先生にも「毎月ポスティングをしてください」とか言われました。

また、教材を仕入れてる人にも「広告費を毎月3万は見てください」と言われていました。ですが、その意味があまりわからなかったのです。

ですから、結局は何をやっていません。最初の頃挨拶回りしましたけれども、お金もなくなって、さらに配っても成果が出ないからです。

チラシも10万円も使って1万円の月謝の生徒が1人入ってくるだけです。チラシをまくほど赤字なのです。

成果の出るポスティング

そんな中でお金のない中、勉強だけは続けていました。「経営」「マーケティング」など。

生活費のため今まで買ってあった本を売って生活費に。そして勉強に。その結果がこんな結果につながっています。

毎週私が主催する塾長のためのWEB集客研究会では塾長と一緒にミーティング行っています。

その中で100枚まいて 3件の問い合わせがあったという話を聞きました。実はこのチラシを作ったのは私です。

が、チラシを作っている時から「絶対に集まってくる」という自信があったのです。「まず来ないことはないだろう」とそれぐらい強力なものでした。

なぜそんなことが言えるのかというと自分自身が「こうやれば生徒が集まる」ということを知っているからです。

私は失敗にも成功にまぐれはないと思ってます。失敗するときには失敗する理由があり、成功するには成功する理由があるはずです。

それにずっとチラシの作りも何回も勉強してきました。例えば私がそのチラシを作る前にずっと聞いてた教材は60万円もするものです。

その内容をジムに通いながら何度も何度も聞いて、その内容を応用して作っています。

その中にある秘密兵器の中の「7つの秘密兵器」も使って書いたからです。だから反応が出るのです。

もちろんその内容も十何年も成果を挙げてる人から聞いた話ですから、私がやっても当然成功はあります。

そして、自分自身の経験をミックスしてるから確実にできると思ったわけです。

チラシに価値を入れる

その中で学んだことは「広告にも価値を入れる」ということです。広告は自分ところの宣伝です。

ですが、対象の人が読んで、もし入塾しなかったとしてもそれに価値を入れることです。

広告を読んだだけで

「なるほど。こういう勉強でやればうちの子も成績が上がるのか」

と思ってもらうことです。その割合は50%。実際私の作成するチラシは50%は役立つ情報です。

だから、チラシを配らないと「今月はチラシが入ってないんですが・・・」と催促の電話が入ってくるのです。
(大阪の塾の先生話。実際に電話で催促がしてすぐに体験。入塾)

集客システムプログラムの募集

今集客システムの募集でセミナーを募集しています。これも今までやったことの事例を集めたものです。

集客システムというのは例えば「チラシだけ」とか 「ブログだけ」とかそういったものではありません 。

全部を合わせたものです。この19年間インターネットでいろいろテストしてきました。

失敗もたくさんしましたし、成功もしました。今まで気づかなったこともあります。それを公開しています。

チラシを作って感じていること

実は長年やっていると塾の先生は自分がやっている当たり前のことがとても大切です。

「こんなことは当たり前だろう」ということは素人からするととても大切なことです。また、その「当たり前」を子どもに実践させる先生もすごいことなのです。

集客プログムではそれを見込み客に伝えるだけです。
集客システムプログムは以下です。

集客システムを作りたい塾長さんへ

2019年 10 月 7 日 From:奈良県橿原市 学習ジム・コーチ 堀 塾をスタートさせると一番最初にぶち当たるのが「生徒集め」です。以下の話は実際に私が体験した内容です。 苦悩のスタート 199 ...

続きを見る

-文章の書き方, 集客の考え方

© 2020 塾長のためのWeb集客研究会