無料!4つのプレゼントを受け取ってください。

line@に登録していただくと次のプレゼントがもらえます。すべて無料です。

無料プレゼント1
こんなことはやってはいけない!子どものやる気をなくす5つの失敗

(音声対談:時間42分25秒)

    • 「親がやる気を出せば出すほど子どもはやる気をなくす」どんな場合に子どもがやる気をなくすのか?
    • やる気をなくさせる親は「○○」を考えない。その「○○」を考えない親は子どものやる気をなくさせます。
    • 小6の女の子がやる気を出した。中学受験を希望する女の子がなぜやる気が出たのか?その理由とは?
    • 子どもがやる気を出させるために親ができる具体的な方法とは?この「○○」を3回繰り返すことが大切です。
    • 子どものやる気をなくさせる親は「行動を○○○」していません。ほとんど子どもにまる投げ状態です。子どもをやる気を出させるためにする「行動の○○○」とは?
    • 親が問題集を買ってきて子どもにやらせる。そんなとき親が失敗のはどんなときか?子どもに勉強するときおかしてしまう失敗とは?
    • 子どもが勉強させるのに必要な「ベイビーステップ」とは?子どもが勉強するにはこのステップが必要です。
    • 授業中「騒がしい子」「うるさい子」がなぜ騒がしいのか?これに気付くと子どもは集中して勉強しはじめます。その「これ」とは?
    • 子どものやる気をなくす親は子どもに「○○○」を用意していません。親は子どもに用意しないといけない「○○○」とは?
    • 子どもにやる気を出させる問題の出し方は?実際に使われている子どもにやる気を出させる問題の出し方は?
    • 子どもがやる気を出すスケジュールの実行の仕方は?この方法が子どもがやる気を出します。そのやり方とは?
    • 親がしないといけないのは子どものことを「○○」すること。これがないと子どもはやる気をなくします。子どもが涙が出るほどうれしかったその「○○」とは?
    • 「○○○」を上げないと子どもはやる気を出ません。やはり子どもは「○○○」が必要だった。大抵は知っているが効果的に使われていないその「○○○」とは?
    • 子どもがやる気を出せる「達成ノート」とは?これを上手に使うと子どもがやる気を出します。
    • 100円均一で売っている商品は子どものやる気を引き出すツールになります。そのツールとは?
    • 息子がやる気をなくしたのは蝶々のせい?息子がやる気をなくした蝶々とは?

ココがポイント

子どものやる気をつぶさない注意点です。

以下友達を追加してくださいね。追加してもらった方には

「子どものやる気を引き出した事例集」が手に入ります。 友だち追加

無料プレゼント2
子どものやる気を引き出した事例集1周りの人の接し方でやる気を引き出した事例

(音声対談:48分52秒)

    • やる気を引き出した5つのポイント。塾長2人が対談したこの5つがあるときやる気が出た。その5つとは?
    • よく「やる気を引き出すのにほめなさい」と言われますが、一般的に言われているのは「ほめる」ですが、実際に言い換えると「○○○」になります。そう考えると楽に考えられます。その「○○○」とは?
    • 6点だった子が67点になった。そんな子にはどうしたらそんな子どもがやる気になったのか?子どもをやる気にした実例。
    • 「ほめる」には実は落とし穴があった。「ほめる」と悪い結果が出る。実はこのほめ方ではうまくいかない。失敗するほめ方とは?
    • 「ほめる」というのよくわかった。でも「ほめてもうまくいかない」。具体的にほめたらいいのか。
    • 「ほめたいがほめるところがない」という親御さんがいます。ではどうすれば「ほめるところ」を見つけるにはどうすればいいのか?
    • 「ほめる達人」が言う「ほめっぱなしは罪」。叱ったあとははフォローしますが、「ほめた」あとにもフォローが必要。ほめる達人がいう「ほめたあとのフォロー」とは?
    • やる気を引き出す先生は宿題を出さない?やる気を引き出した先生が使った「宿題を出さない」のに子どもに勉強させた方法とは?
    • 叱り方にはこれを使ってください。叱るときに使ったら役立つ「これ」とは?
    • 「反抗期にはどう叱ればいいのか?」反抗期にはどうしても叱ると子どもは反発してしまいます。「反抗期」に叱ときどういうときに叱るのか?その基準とは?

ココがポイント

親が接し方を変えると子どももやる気を出します。

以下友達を追加してくださいね。追加してもらった方には

「子どものやる気を引き出した事例集」が手に入ります。 友だち追加

無料プレゼント3
子どものやる気を引き出した事例集2目標をもった子がやる気になった事例3(

(音声対談:43分44秒)

  • メジャーリーガー挑戦?目標を野球をすることにした少年が自分の目標のためにどのように勉強をしたのか。その実例を紹介。
  • 髪の毛はオールパック。学校ではワルだけれど塾では必死に勉強。サッカー少年がサッカーをするために勉強した実例を紹介。
  • 燃え尽き症候群?大手進学塾で勉強をさせられて進学高に進んだ子が勉強嫌いになった。読書も嫌いで行きたい先に小論文。そんな子がどうやって立ち直って希望の進路に進んだのか?その実例を紹介。
  • 塾の先生より塾にいる時間が長い?入試が終わっても勉強し続ける少年が持っている「夢」とは?
  • 目標が持てない?目標を持たない子には特徴があります。目標がもてないその理由とは?
  • やる気を引き出すには「○○のもの」に触れさせる。子どもが目標を見つけるためにさせた方がよい「○○のもの」とは?
  • 目標を持ったらよいのはわかった。子どもに目標を持たせるために親がやるべきこととは?
  • 100回「勉強しなさい」と言って聞かない子に150回「勉強しなさい」と言っても子どもがやる気を起こすわけではありません。ピアスをして髪を染めたニートの子どもをやる気に出させたある方法とは?
  • あるお母さんが見せたものとは?これを見せたたために子どもが勉強したし始めたものとは?
  • 劇薬!受験ではない子供に受験の大変さを意識させる最も効果的な方法とは。気の弱いお子さんには決してしないで下さい。受験生でないと中々受験の厳しさを実感することはありません。しかし、これをするとはっきりと受験を意識するようになります。
  • 子どもに目標を持たせるには○○を与えないといけません。その○○とは?この方法は世界ナンバーのトップセールスマンが伝えていた方法です。
  • 子どもの向き不向きには、これをした方がいい。子どもの向き、不向きを知るにはこれをやった方がいい。そのこれとは?
  • 子どもの目標を持たせるためにやった方がいいテストとは?実際に私もこのテストでわかったのですが、その衝撃の事実とは?
  • 目標が決まったのにやる気が出ない。そんな子がやるべきことは○○」を3回繰り返す。その「○○」とは?
  • 目標が決まらないときは、「○○○○○こと」を書き出す。この「○○○○○こと」とは?
  • 頭がごちゃごちゃがして何をしていいのかわからない。自分を見つめるためにやったらいい方法とは?

ココがポイント

親が視点を変えることによってやる気を引き出せます。

以下友達を追加してくださいね。追加してもらった方には

「子どものやる気を引き出した事例集」が手に入ります。 友だち追加

無料プレゼント4
子どものやる気を引き出した事例集3環境が変わったときにやる気になった事例

(音声対談:48分52秒)

  • 机も悪くなった。部屋も狭くなった。一見すると環境が悪くなったのに小さい塾に変わってやる気になった。その理由とは?
  • 人間が本来持っている特性を利用しない手はありません。猿でも使っている成績を上げるためのある能力とは?
  • 成績の良い子はこれをやりますが、成績の振るわない子はこれをやっていません。勉強を効率的にするためのやるべき「これ」とは?
  • 時間も場所も違うのに成績をアップさせるのに2人は同じやり方をやって成績を上げていました。しかも1人は「東大に入ります」と宣言して東大に入っています。2人が使ったこの方法とは?
  • プロもやっている方法に環境を変える方法とは?ブロでもやっている環境を整える方法とは?
  • 見ればわかる「成績の良い子」と「成績の振るわない子」では勉強しているときの「○○」が違います。その「○○」とは?
  • 環境の中で一番大切な「○○」。それぞれの塾長が工夫した環境を変えるためにやったこととは?
  • 字をきれいに書きなさい」と何度言ってもきれいにかかなかった娘が自分からきれいに字を書くようになった理由とは?
  • 中学生のときに「夏期講習」をサボってコンサート行っていた子が急に高校に行って勉強しだして夜中の2時までするようになった理由とは
  • 最後に親がやることは「○○○○」ことです。その「○○○○」こととては?

投稿日:

Copyright© 成績110番 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.