子育て

先を想像してみてください。そうすると子育ても大きく変わってきます。

子育て上手くなる方法についてお話ししたいと思います

ちょっと想像して欲しいのです

日1日何をするのか考えてみましょう。イメージが湧くでしょうか?朝から順番にイメージしていきます。

起床してから顔を洗って歯を磨きます。そして、予定を確認してみたら、

「あっ、これをしておかないといけない」

ということが出てきますよね?その予定を中心に毎日のことをやっていきます。

次に来週1週間をイメージしてみてください。来週1週間も想像してみるといろいろ頭に浮かんできます。

「月曜日は?火曜日は?水曜日は?」

と。そうすると先の予定がわかると

「あっ、これもやっておかなければいけない。これも」

といろいろ気づくことができると思います。来週のために事前に準備することが思い浮かびます。

1か月後ではどうでしょうか?来月の予定を確認しながら確認です。今月の末から連休です。

「連休には片付けしよう。そのために大型ゴミを片付けておこう」
「連休には出かけるのでペットホテル予約しないと」

とか。先を考えて今やることをやっていますよね。では次ではどうでしょうか?

受験を向かえるときはどうでしょうか?

験に関して考えてみると、例えばお子さんが小学校4年生だったら、小学校5年生までにやるべきことは考えます。

「これをやっておこう」
「基礎はしっかりと学んでおこう」

とか。

「6年生の受験に苦労しないように算数だけはやっておこう」

と受験までにやっておかないといけないっていうのがイメージが湧いてくると思います。

また中学生だったら高校受験までに「これをやっておかないといけない」ということがイメージが湧いてくると思います。

もう少し先を考えてみましょう

なたのお子さんが就職するときはどうでしょうか?就職するときにやらないとけいなのは

・自分の自身のことをよく知ること
・進路先についてよく知ること

この2つです。これは就職する前にちょっと考えただけではわからないかも知れません。

特に自分のことは自分でよく知っているようで知らないこともあります。

この自己分析は誰がするのでしょうか?親がするのでしょうか?当然本人ですよね?

進路を決めるときには自分のことをよく理解できる必要があります。そんなことをやっているでしょうか?

して、会社を探します。まずは子どものやり方ことから業界を絞っていきます。

その後条件から会社を決めていきます。そのときあなたは子どもに代わってするでしょうか?

やるのは本人です。本人がするためにそのために調査能力もつけていないとダメです。

就職では面接があります。当然親子面接ではないので、子どもが全部答えないといけません。

それまでに自分で答えられるようになっているのでしょうか?

は結婚です。結婚相手のために結婚相談所に登録するのでしょうか?

そして、資料に全部目を通してピックアップしていきます。恋愛が1人でできるのでしょうか?

恋愛するときにはデートは?話す内容はどうしましょうか?

らに仕事です。仕事をするために子どものために仕事がしやすいようにあなたが何かをしてあげるのでしょうか?

あるいは上司に掛け合って収入を上げるために交渉しに行くのでしょうか?

後はあなたが亡くなった後です。あなたが亡くなった後にお子様どうなっているでしょうか?

今度は1人です。今まであなたがやってきたことを子どもは全部1人でやらないといけません。

あなたは何もすることはできません。さて、子どもはどうなるのでしょうか?

長期的に考えると育て方が変わってくる

そうやって長期的に考えていくと今やるべき行動が変わってきます。最終的には子どもが1人ですべてをしないといけないのです。

今やってあげていることをどんどん減らしていきます。イメージで言うと仕事の引き継ぎと同じです。

子育てというのは子どもを一人前に1人でできるようにすることです。

自分の後に子どもに引き継がないといけないのでどんどんさせていきます。

心配しても自分がいなくなることを前提にしますから相手に任せていくわけです。

そしてある程度があったら後は手放します。失敗しても自分で解決しないとこれからは1人でしていかないと困るのです

だから、子育てのゴールを考えていくと子育ての方法は違ってきます。

本当の子育てのゴールはあなたがいなくなってしまってからです。

そうやってできるだけ長期で考えていきます。そうすると目先の子育てではブレなくなります。

国語の解き方セミナーをやります。

国語の解き方セミナーはしばららくしませんので参加される方は以下です。

 

-子育て

© 2021 将来に役立つ勉強サイト Powered by AFFINGER5