未分類

国語の偏差値を10以上上げた方法

入試が近づいています。ですが、入試はゴールではないので少し遠くを見ながら考えていきましょう。

価値のある勉強

勉強している内容で将来、直接的には使わない勉強と使う勉強があります。

その中で、よく使う勉強は何かわかりますでしょうか?それは国語です。

日本語を母国語にしているのでその日本語をマスターするとずっと楽になります。

中学入試、高校入試、大学入試。そして、大学に入学しても論文もあります。

社会に出ても使います

リモートワークになってよく使うのが文章です。インターネットで20年仕事をしていますが、やりとりのほとんどが文章です。

チャットやメール。ライン。そして、ブログなどはすべて文章で確かに、動画でもやりますが、ほとんどが文章なのです。

やってみたことがあります。

実際に私のところに来る子さんは「今までやったけれどどれもダメだった」お子さんです。

あるいは「論理エンジンもやったけれどダメだった」という方です。

実際にどんな風にやったのか聞くと「問題を解いて答え合わせをした」というものです。実はそれでは上がらないのです。

正しい解き方でやる

実は大切なのは「正解」ではなく、その解き方なのです。国語も算数や数学と同様に論理的に解きます。

当然ですが、途中経過も必要です。算数や数学では

「どうやって解いたの?」
「途中経過は?」

と聞かれるように国語でも「どうやって解いたの?」と聞くことです。

例えば、最初のうちはたとえ正解であってもです。

受験のときからダメだった

実際に以前教えていた高校生がいました。大抵は

「うちの子は中学受験のときから悪かった」
「全然上がらなかった」

というものです。その子もそうでした。実際の相談は

「読解問題が苦手」

という話でした。それで、実際にテキストの本文を読ませてみると漢字の読み間違いが多い。

さらに、「助詞」で「は」「が」など適当に読んでいました。それで私が最初やったのがこれでした。

知識問題を合わせる

最初にやったのが「漢字の読み書き」です。高校生でしたが、中学受験用の漢字の読み書き・語句の意味の問題集からスタートしました。

それを毎日やったら、ラインで送ったもらう形にしました。

ここでその子が立派だったのが

「そんなの自分は出来るし」

と言って反発しなかったことです。通常、出来ない子ほど、変なプライドが邪魔をして、できないところに戻ってやらないのです。

最初のうちは送り忘れはありましたが、そのうち毎日送るようになってきました。

授業では指導しながら。

「なぜその答えになった?」
「どこにその根拠はあるの?」

と聞いていきました。

偏差値を10以上上げる方法

それを続けていきました。漢字の読み書きも一通り終わったら、次は学校の宿題をやっていきました。

そうするとことによって模試の偏差値も10以上上がってきました。

 

 

 

-未分類

© 2021 将来に役立つ勉強サイト Powered by AFFINGER5