口コミを科学する

広告がバンバン入る時代に一番効果が大きいのが口コミです。塾自身が「自分の塾はすごいです」と言うよりも他の人が「あの塾はすごいよ」と言ってくれた方が何倍も効果があります。

たとえばあなたが、「自分の塾はすごい」と声を大にして100回唱えるよりも、100人の人が1回ずつ「あの塾はすごいよ」と言ってくれたの方が信憑性がますのです。

そして、それをシステム化しているサイトがあります。それが「ジュクサガス」です。

私はジュクサガスを進める代理店をやっています。なぜジュクサガスを勧めるようになったかというのはこんな意味があるのです。

私がジュクサガスを勧める理由

以下は実際の集客のヒントになるので参考にしてください。

ココがおすすめ

口コミを中心としたサイトである

ジュクサガスというのは口コミを書いてもらって、その口コミを見てそこから「面談→お申し込み」というシステムになっています。

そして、資料請求をしただけでは課金されません。面談して初めて課金されるシステムです。

ですから、すべてどこかの口コミから申し込みとなるわけです。なぜこのシステムがすごいのかと言うと以下の件ですごいです。

1.口コミはなかなか書いてもらえない・だから「価値」がある

ジュクサガスに申し込んで最初にしないといけないことが、プロフィールの他に

「口コミを書いてもらうこと」

です。実際にやってもらえるとわかりますが口コミを書いてもらおうと思ってもなかなか書いてくれません。

「書いてね」と言ったぐらいでは書いてくれないのです。その理由は「面倒くさい」からです。

文章を書くこと自体が苦手な人が多いので、口コミを書くのが苦手な理由です。また、サービスに満足してないかも知れません。

ですが、それを書いてもらうというのは非常に価値が高まるわけです。というのは口コミが書いてもらえないというのは他の塾も同じだからです。

逆に口コミを書いてもらえばもらえるだけそれに価値が出てくるわけです 。つまり口コミは「金(きん)」なのです。

金は少ないからこそ価値があるので、あって誰でも簡単にできるのであればそれには価値がないのです。

たとえば、「スタッフが書いたらいいのでは?」と思うかも知れません。ですが、サイトを見るお客さんはバカではありません。

ウソで書いたものは「匂う」のです。作った感じあって、それがバレてしまうのです。

口コミは「資産」である

口コミを書いてもらうということは手間です。ですが、私も地道にやっています。なぜそれをするのか?理由は簡単です。

それが「資産」だからです。「資産」は持っているだけでお金を生み出すものです。「口コミ」も同様にお金を生み出します。つまり書いてあるだけで、そこに生徒を集めてくれるのです。

アマゾンで本を買ったり、楽天でモノを買ったりするときに「他人の評価」を参考にしませんか?

同じ商品であれば1つ☆よりは、5つ☆の評価を購入しますよね。つまり、他人の評価は入塾に大きく影響するのです。

私の場合はお客様の声を10年前に集めたのをまだ使って生徒を集めています。お客様の声を集めるときは面倒です。

実際に口コミを書いてくれた生徒に10年経って会いに行っています。

何度も電話して、志望校に合格したお母さんに書いてもらいました。さらに卒業生にも書いてもらっています。

そして、それは一度集めてしまえばそれをずっと使えることができます。

口コミはなかなか書いてもらえませんがそれを書いてもらえると、5年10年とずっと使うことができるのです。

しかも口コミはドンドン溜まっていきますから、ドンドンドンドン増えていくわけです。そしてそこから生徒が入ってきます。

ココがおすすめ

2.小さい塾にもチャンスが平等なシステムであること

ジュクサガスに入るとやらないことが3つあります。その1つが塾サイトのプロフィールを書くこと。2つ目が口コミを集めること。3つ目がブログを書くことです。

こんな風に書くと面倒くさいなと思うかも知れません。実は逆なのです。面倒な手間があるからこそ集客できるのです。その話をしますね。私も20年間ずっと集客をしてきました。

今でこそ安定して集客できていますが、それでも何年かは苦しんできました。そして、インターネットで成功している人に片っ端から集客している方法を聞いてきました。

1億円以上稼ぐ人にわざわざ大阪のホテルまで直接会いに行って集客方法を聞きに行ったこともあります。

その中で得た結論は1つです。集客には2つの方法があること。1つはお金をかけること。そして、もう1つがも労力をかけることです。

そのどちらかしかありません。そのどちらか、あるいはどちらも手間をかけないと集客とはできないのです。何もしないで集客することはありません。

実際に私も毎日ブログを書いていますし、コメント書きもやっています。何かの労力をかけているから毎月生徒が入ってくるのです。

通常の塾の紹介サイトは、ほとんどは大手塾が上位を占めています。その理由は簡単。お金をかけているからです。

お金をかけているから上位表示をお金で買っているわけです。当然と言えば当然です。ですが、ジュクサガスのいいところは中小の塾でも手間をかけるだけで上位に行けます。

そして、それがシステム的になっていてより効果的に集客できるようになっています。それがプロフィールでありコミであり、ブログなのです。

当社がすべてしますのウソ

インターネットの世界で注意しないといけないのは「誰でも、簡単に」というのはウソの話です。

さらに安い費用で「当社がすべてやります」何ていうものウソです。

ウソと言うと言い方がきついかも知れませんが、それが長くは続かないという話です。

インターネットの世界では検索すればすぐにどの世界にでも飛び込みます。あなたの塾のサイトを見ていてもすぐに他の塾のサイトを見ることができるのです。

だから「誰でもできる」ということは「他の塾サイトにとっても有利」ということなのです。

実際にこのインターネットの世界に入って20年ビジネスをやっていますが、簡単にできるシステムというのは簡単に真似されてすぐにポシャってしまいます。

だから手間がかかるからそれなりに意味があるのです。

たとえば、あなたが見たサイトの中で

「手間をかけない簡単なシステム」

というサイトがあったとします。ですが、こんな場合はどうでしょうか?

××市内に近くに自塾、A塾、B塾、C塾があります。この4つの塾のどれが上位表示されるのでしょうか?

どこも似たように説明で似たような感じです。4つとも平等に表示されるのでしょうか?それが塾が10個あればどうでしょうか?

そうするとほとんど自塾は表示されません。10回に1回しか表示されませんね。しかも同じような内容なので差別化できません。

それならば、少し手間をかけて、自塾をたくさん表示されるようにした方がいいのです。

注意して欲しいのは「誰でも簡単」というのはあなたにとって、そうであるように他の塾長にとってもそうなので、すぐに過当競争になってダメになります。

勉強で言うと「入試の答えを教えます」と言っているようなものです。そんなことをすると全員が満点をとってしまうのです、

逆に自分にとって負荷のかかることは「他の人にも負荷」がかかるので簡単に真似されないので集客できるのです。

ブログを書く理由

ブログを書くのが面倒くさいという先生がいるかも知れません。ですが実はこの面倒くさいが後々を楽にしているのです。

というのはブログを読んで入ってくれるお客さんというのは明らかに質が良いのです。

質が良いというよりも自塾の考えにあった生徒が入るわけです。私はインターネットの集客には次の3つのルートから入ってきます。

1広告 2.見込み客(ブログやメール) 3.紹介

です。このルートから入ってきますが、広告から入ってくるお客さんと、ブログをずっと見てから入ってくれるお客さんでは全く質が異なります。

広告で入ってくる保護者の中には塾を完全に業者扱いして、「オタクは業者でしょ。お金を払っているんだから成績を上げてよ」と言われる風に言われるお客さんもいます。

「こちらの指示にお従ってください」と言っても従わない保護者もいました。面談しても決まりにくいですし、入ってもすぐに辞めてしまいます。

一方、ブログを見て入ってくれるお客さんというのは私のことを理解してわかって入ってくれるので面談即入塾につながります。

非常に効率はいいわけです。さらに私のことをわかってくれているので長く続きます。

というのも私と価値観を共有しているからです。広告で入ってくるときには当然「成績が上がります」ということを強く歌わないといけません。

そうするとどうなるのか?残念ですが成績が上がらないと辞めていきます。また成績が上がっても辞めていきます。

「えっ、成績が上がっても辞めていくの?」と思うかも知れません。が、塾長のあなたなら1度は経験したことがあると思いますが、成績が上がった途端に大手の塾に入ってしまう生徒になるのです。

だから、ブログで書いて、自分自身のことを理解してもらって、自分と価値観を共有してもらいます。

もっと言うと自塾のファンになってもらって入ってくるわけです。そうするそこから入ったお客さんはなかなか辞めません。だからこそブログで発信するわけです。

さらに塾の生徒の質というのは最初で決まってしまいます。最初に良い生徒や保護者を集めてしまえば後がずっと楽です。

トラブルになることもありません。つまり、ブログを書くというのは後々の面倒を減らしてくれるわけです。

実際に私もずっとブログを書き続けていますが、クレームというクレームはほとんどないです。

というのが「私がどんな考えで、どんな気持ちで塾を運営しているか、会員の方がわかって入塾してくれてるから」です。

それに納得してくれた人が入ってくるわけです。たとえば、私は成績だけを上げますという考えてやってるわけではありません。

子どもが勉強を通してどうやって成長するのかという考えで塾を運営しています。だから、子育ての一部です。

そうすると親御さんもそれを理解した人が入ってきています。すると、どうなるのか?

目先の成績が上がったり下がったりしただけで文句を言うお母さんはありません。下がったときには、下がったで子どもに考えさせます。

どうやって成績は上がるのか?を考えさせるわけです。そうやって子どもの成長を促すわけです。

だから、「成績がすぐ下がったから辞める」ということはないのです。それがブログを書くわけなのです。

「あなたのことを何も知られない広告で、すぐに集まってクレームの多いお客さんを集めますか?

それとも自分のことの理解して自分と相思相愛のお客さんを集めますか?」その違いなのです。

ココがおすすめ

3.高い成長性

ジュクサガスのすごいところはその成長性です。当初は代理店をする予定はなかったのですが、目を見張るのはその成長性です。

実はインターネットの世界は「ドッグイヤー」と言われて、リアルに比べると7倍のスピードで進みます。当初のころは「ジュクサガス」についてはアクセス数も少ないと注目はしていませんでした。

ところがすごいのは対応の早さです。ドンドン新しいことを取り入れて進化していきます。

実際にあの国語のカリスマ講師出口先生のセミナーも話をしてすぐに決定しています。塾長の意見を取り入れながらドンドンやっていきます。その変化は期待できます。

ジュクサガスの申し込みはこちら

投稿日:

Copyright© 塾長のためのWeb集客研究会 , 2020 All Rights Reserved.