経営の考え方 集客の考え方

【秘密】集客ができている秘密

投稿日:

今回の話は

「毎月生徒が入会している秘密」

です。

現在の状態

私のオンラインの塾では毎月生徒が入っています。ここ5年で言うと未入会は1か月だけです。

これは決して毎月がんばって集めているわけではないです。私がやっているのは

「ブログの更新」

です。これは毎日更新していますが、実際には週2回とかでもやっていけます。

以前は週2回でした。それでも入会は少ないときには1名。

多いときには10名です。がんばってやれば、入会を増やすことができます。

以前にがんばって生徒を集めたところ息子から

「1か月に10名は多い。対応の質が下がるので月3名くらいで」

と言われてしまいました。それからは、月3名くらいです。

何でそんなことができるのか?

その話をしますね。実は私のところには、だいたい6500名~8000名の見込み客がいます。

いろいろな媒体を使っていますので、常時そう言った

「私に興味を持ってくれている人」

がいるわけです。だから、募集をかければいいだけなのです。これは19年間同じことをやっています。

実際に昨日も森下先生のセミナーを募集した所30分もしないうちに申し込みがありました。

森下先生のポスティングセミナーは以下です。

これは生徒募集でも同じです。すでに私に興味のある人に募集をかけるだけですから集まるだけなのです。

生徒募集にやったらどうなるのか?

これを生徒募集にしたらどうでしょうか?

「塾を探している」
「子どもに勉強させたい」
「成績不振で悩んでいる」

保護者に向けて

「1度体験を受けてみませんか?」

というだけなんですね。だから体験が入るのです。ただそれだけなんです。

行列状態を作っておく

大切なのは

「常にそういう状態を作っておくこと」

なんですね。塾の場合は定員制なので、

「生徒が集まったら何もしない」

というのが普通ですよね。ですが、私のところは常に

「行列が並んでいる状態を作っている」

のです。そうするとどうなるのか?

「生徒が退塾したらすぐに補充する」

だけなのです。これが

「集客システム」

なんですね。経営で言うと

「安定した経営」

になるわけです。11月からその

「集客システム作りプログラム」

をスタートする予定です。ご興味があればまずは個別懇談を以下です。

-経営の考え方, 集客の考え方

Copyright© 塾長のためのWeb集客研究会 , 2020 All Rights Reserved.