集客の実例 集客の考え方

今やっている集客法

投稿日:

先月も体験4名。今月は3名の体験です。

全員入塾の予定です。

今月は先月入った兄弟の方の体験です。
そして、以前に入塾していて、入試とともに終了した子とその妹が体験と本人の出戻りです。

しかも9月からは広告を辞めています。それでも集まっています。

「たったそれだけかよ」

と思ったかもしれません。これが毎月だとしたらどうでしょうか?これが5年間続いています。

卒業して辞めてもすぐに入ってきます。もちろん私の動きによって左右しますが、

通常は塾の集客にはそれほど力を入れていません。

ではなぜ、集まるのか?

理由は簡単です。

「やり方を知っているから」

です。

「けっ、自慢かよ」

と思われたかも知れません。実はfacebookでもその話はしていません。

理由は「当たり前だから」です。例えば、毎月当たり前のことを話をしても仕方ないのでその方法を話しますね。

10月から新しく

「塾長のための集客システム」

に参加された先生がいます。私が初回面談して2名の方はすぐに

「あっこれなら売上はすぐに上がる」

という人。そのうちの1人はzoomを使って遠くから会員さんを確実に囲い込むという方法です。これで月に10万円はアップします。

そして、きちっとやればその兄弟もやります。私の場合は授業を親が側で聞いているので、聞いている親御さんは

「下の子も」
「上に兄がいるんですが・・」

となるのです。そして、もう1人は愛知県の先生ですが、私もやっている方法でやれば売上が上がります。

オンラインの塾をやろうとしている人は実は私がすでにやっていることをやっていけば集まります。

どんな方法?

その1つの方法は

「相手の接触回数を増やすこと」

です。今月の24日、25日に北は青森から大阪までの先生で合宿をしましたが、話をよく聞くと

「これなら集まるでしょう」

という指導の塾長が多いのです。つまり、

「中身はいいのに伝わってない」
「中身を伝えていない」

のです。例えば、私が作ったポスティング用のレターは8枚以上になります。

「それだけ伝えることのあるの?」

と思うかもしれません。ですが塾長の魅力を伝えるのには、それでも伝わらないくらいです。

実際に最初は16ページのものを8ページに削りました。それだけ塾長には魅力があるのです。

私が最近やっているもの

最近やっているのは、ミニセミナーやWEBナーです。実はこれをやると確実に入会します。

内容は何でもいいのですが、とにかく興味のあるセミナーをやるのです。しかもWEBナーで。

WEBナーのいいところは、気軽に参加できて、こちらは相手が誰だかわかりません。そして、録画して残せます。

つまり、YouTubeのように残せるとあとで何回も視聴できるわけです。そして、私と接触することで興味を持ってもらえるのです。

もちろん、そのときに入会ではなく、何か月後には入ってくるのです。そうやって確実に集めています。

だから、まずは「入塾」ではなく「どうやって接触回数を増やすのか?」を考えるのです。

追加すると「反応のあったポスティングチラシタイトル集」が手に入ります。

友だち追加

-集客の実例, 集客の考え方

Copyright© 塾長のためのWeb集客研究会 , 2020 All Rights Reserved.